中央区の不動産情報は情報収集が大切|不動産契約の基礎知識

インテリア

ローン残高を減らそう

電卓を持つ男性

住宅ローンを払えなくなってしまったときの救済手段として任意売却があります。住宅などをフルローンで購入したものの、収入が激減したような人が任意売却を使っていいます。東京で住宅を購入する人は、わりと長い期間のローンを組む人がたくさんいます。購入当時は、サラリーマンとして安定収入があったため、余裕で返済できるというプランを立てていても、会社が倒産し仕事を失ってしまうと収入が途絶えてローンが支払えなくなってしまいます。近年、東京でも大手企業の倒産やリストラが増加してきたため、前述したケースのようなローン返済に困る人がでてきているようです。任意売却とは、そういった債務者と債権者の間に不動産コンサルタントが入って調整を行ない、ローンの対象である不動産を売却することでローン残高を減らす取り引きをすることです。計画の破綻を修正するための取り引きだといえるでしょう。東京では不動産の買い手も多いため、スムーズに売却できることも多いといわれています。

住宅を処分する方法としては任意売却の他にも競売があります。競売に比べたときの任意売却のメリットを説明します。任意売却は競売と比較したときに市場価格に近い価格で売却することができる点が一番の強みです。できるだけ高い金額で売却ができればローン残高を減らすこともできます。競売による売却の場合、債権者と話し合うということはほとんどありませんが、任意売却なら債権者と調整しながら無理のない返済計画を立てることもできます。東京などの都心で任意売却を検討しているのであれば、実績のあるプロのコンサルタントを探すようにしましょう。